水漏れ修理" />
横浜市泉区のリフォーム会社 株式会社 三共 HPです

水漏れ修理

水漏れ修理を依頼するお客様へ

 

水道メーターの検針時の指摘などで、

御自宅の敷地内の水漏れの修繕工事を依頼される場合、

工事の御見積させて頂く際、了解して頂きたい点が

何点かございます。

 

まず最初に、水漏れ修理の依頼をされる場合、

見積積算の為の修繕部分の点検・調査が

必要となりますので、

訪問させて頂いた時点で点検料として

¥3,000

が発生することをご了解下さい。

 

水漏れ箇所が、水栓、トイレ、露出部分の水道・

排水配管である場合は、目視で原因特定が出来るので、

その確認箇所の見積りは、その場で提出させて頂きます。

 

次に、屋内の壁の中・床下、屋外の地面の下など、目視で確認できない

隠れている配管で水漏れが発生している場合には、

水漏れの原因は、現場の状況によって異なるので、

必ず、訪問させて頂いて、原因特定をさせて頂いたうえで、

見積金額を算出させて頂きます。

 

例えば、屋外の地中の水道管の修繕を行う場合、

水漏れ部分がコンクリート打ち部分の場合、土の部分では必要ない、

地表部分のコンクリート部分の壊し工事と復旧工事が追加されるので、

土の部分の補修に比べて高額になってしまいます。

 

この様に隠れている部分の配管の水漏れ部分を特定する場合、

水漏れ音を拡大して場所を特定する「漏水検知器」を使用したり、

地面を掘り起こしたりして、調査をさせて頂かないと

水漏れ箇所の特定がでないので、調査費として、

最初の1時間は、      ¥9,000

その後は、1時間経過毎に  ¥7,000

(点検料 ¥3,000 調査費に含まれます。

が発生する事をご了解下さい。

 

水漏れ箇所特定後、修繕工事の見積金額を提示させて頂きます。

提示させて頂く見積金額には、調査費を含めた金額で提示させて

頂きます。

 

長い距離の配管の入れ替えなど、詳細な積算が必要な場合は、

後日、見積書を提出させて頂きます。

 

水漏れが複数の場所で発生している場合もございますので、

一ヶ所目の修繕を完了した後で、再度、水道メーターの目視などで、

水漏れの発生が確認された場合には、追加で、再度、水漏れ調査が

必要になる場合もございます。